お知らせ 一覧

📕山本眼科:白内障手術の予約状況 年内~1月

白内障手術の予約状況です。 年内は12月18日のみとなりました。 来年1月は3週めと4週めに可能です。 手術希望の方はお早めにお問い合わせください。 術前検査を手術日の1か月前に行って眼内レンズを決めます。 当院ではアクリル製の最新の眼内レンズを使用しています。  山本眼科では手術を執刀する院長が、手術前の診断、適

📘調節緊張と学校健診 について

  調節緊張 という状態が増えています。 ピントを合わせている筋肉に力が入って、近くにピントが合ったままになり、遠くが見えにくい状態です。ひどい場合は頭痛や気分不良を伴う場合もあります。 近視 と症状が同じでまぎらわしいですが、 近視 とは異なり、 調節をリラックスさせる治療で視力や頭痛などが回復することがあります。 特

📘 緑内障 加齢黄斑変性症の光干渉断層画像診断(OCT)による早期診断について

山本眼科では 緑内障 の早期診断に役立つ光干渉断層画像診断(OCT)をおこなっています。 人間ドックなどで視神経乳頭陥凹などで精密検査を勧められた場合、この検査が有用です。 光干渉断層画像診断 (OCT)は非侵襲性で眼に苦痛や悪影響がなく、リアルタイムで視神経や網膜の断層画像を観察して短時間での診断が可能な装置です。視野が欠けてしまう前に

📘オルソケラトロジー (夜装用コンタクトレンズ) 近視治療 について

山本眼科では オルソケラトロジー(夜装用するコンタクトレンズ)による近視治療をおこなっています。 睡眠中にコンタクトレンズをつけることで角膜表面にレンズ効果を生み、日中の裸眼視力の改善を行う近視矯正方法です。 オルソケラトロジー が眼鏡に比べて近視が進むのを抑える効果があり、若年者への適応が広がり注目されています。

📘 コンタクトレンズと角膜内皮細胞数 

黒目のことを 角膜 といいますが、角膜 は透明なドーム状の膜で、レンズの役割もしています。目の中で作られている水(房水)が角膜の中にしみこむことで栄養をうけとっています。 角膜内皮細胞は 角膜の一番内側(目の中側)にあって、しみこんできた水を元に戻しています。角膜内皮細胞が水の量を調節して一定の角膜の厚みを保っていることで、光が
1 / 3123