お知らせ 一覧

📕白内障手術 9月の予約状況

白内障手術(日帰り)の予約状況です. 8月は29日(水)に1名のみとなりました。 9月はいずれの火、水曜日とも可能です。 手術をご希望の方はお早めにご相談下さい。   当院では手術を執刀する院長が、手術前の診断と適応の相談、詳しい術式の説明、術後のフォローまですべてを一貫して責任をもってあたらせてい

📘ドライアイとアレルギー性結膜炎は症状が減った後のコントロールが大切

ドライアイとアレルギー性結膜炎が幅広い年齢の方に増えています。合併すると互いに増悪させる原因になり治療の進め方に注意が必要です。 ドライアイで目の表面が乾くと角膜や結膜(目の表面)に傷ができます。 それに加えてアレルギーがあると瞼が炎症をおこして腫れてしまい、瞼の裏の結膜が膨らんでぶつぶつとした状態になります(乳頭増殖)。

📕オルソケラトロジー(夜つけるコンタクトレンズの近視治療)について

当院ではオルソケラトロジー(夜つけるコンタクトレンズ)近視治療をおこなっています。 睡眠中にコンタクトレンズをつけることで日中の裸眼視力の改善を行う近視矯正方法です。 オルソケラトロジーが若い人の近視が進むのを抑える効果があるとのエビデンスのある報告がでており、注目されています。 当院で使用するレンズ(αオルソ-K®

📘緑内障早期診断について

当院では緑内障の早期診断に役立つ光干渉断層画像診断(OCT)をおこなっています。 光干渉断層画像診断(OCT)は非侵襲性で生体に対する害作用が全くなく安全で,リアルタイムで視神経や網膜の断層画像を観察して短時間での診断が可能な装置です。これにより視野欠損が生じる前の段階の視神経の損傷(30%未満)を識別できるようになりました。 従

📘角膜を透明に保つ角膜内皮細胞とコンタクトレンズ

黒目のことを角膜といいますが、角膜は透明なドーム状の膜で、レンズの役割もしています。角膜には血液が流れていません。代わりに目の中で作られている水(房水)が角膜の中にしみこむことで栄養をうけとっています。 角膜内皮細胞は角膜の一番内側(目の中側)にあって、しみこんできた水を元に戻しています。角膜内皮細胞が水の量を調節して一定の角膜の厚みを保っていることで
1 / 3123