眼のかゆみ、まぶたの腫れや炎症の原因について

  • 山本眼科のある名古屋市 本山駅周辺は東山公園や動物園、平和公園も近く、花粉症のみならず、さまざまなアレルギーや炎症をおこす可能性があります。
  • 今の季節は気温や湿度が高くなってきて皮膚や毛根、マイボーム腺の雑菌による炎症も増えています。
  • 強くこすることで瞼が腫れたり、こすりすぎて皮膚炎、めいぼ、ものもらいになったり、角膜に傷ができて感染も合併することがあります。
  • アレルギー性結膜炎や皮膚炎を繰り返している場合、山本眼科では代表的なアレルギーをおこす原因を20分程で検査できる簡便な検査も行っています。指先から血を取るためすこしチクッとするだけなので注射ほどは痛いものではなく、低学年のお子様でも検査が可能です。
  • 雑菌による炎症の場合には抗生物質の点眼が必要なことがあります。
  • 一旦かゆみが強くなってしまった場合にはステロイド点眼も使用する必要があります。
  • ステロイド点眼は、薄いものは安全ですが、強いものを使うと眼圧(目の固さ)が高くなることがあり、注意が必要です。
  • 山本眼科ではかゆみや炎症の強さ、原因に応じて薬を使い分けをしています。必要に応じて詳しく説明し、眼圧検査をさせて頂いて、安全に治療にとりくんでいただいています。
  • お困りの方はお早めに受診してください。