📘オルソケラトロジー (夜装用コンタクトレンズ) と近視進行抑制治療 について

  • 山本眼科では オルソケラトロジー(夜装用するコンタクトレンズ)による近視治療をおこなっています。睡眠中にコンタクトレンズをつけることで角膜表面にレンズ効果を生み、日中の裸眼視力の改善を行う近視矯正方法です。裸眼で日中に水泳やスポーツなどができることがメリットですが、もう一つ大切な効果があります。
  • オルソケラトロジー は眼鏡に比べて近視が進むのを抑える効果があります。
  • 近視の進行はスマホやパソコンなどが普及してから若年者層に多くなってきております。
  • これは近くを見すぎて眼球が後ろに伸びていくために長くなることが原因です。伸びることによって網膜神経線維ものばされて薄くなり、網膜剥離や緑内障をおこしたり、網膜中心部(黄斑)が障害されて極端に視力が低下するなどの重篤な合併症があります。
  • そのため強すぎる近視による失明が今後増える危険性があるとして欧米や中国では国家レベルの近視進行抑制対策が必要という認識も広まっています。
  • 近視進行抑制治療はまだ近視が軽度な比較的若年からおこなう必要があります。そのため最近ではむしろ大人よりも小中学生に適応が広まってきています。強度近視になってからでは遅いのです。
  • オルソケラトロジーは現時点で近視進行抑制効果が最もある治療のひとつとして期待されています。
  • 流れと値段JPEG流れと値段JPEGうら
  • 当院で使用するレンズ(メニコンオルソ-K®)は角膜矯正用コンタクトレンズとして国内で初めて認可された国産のレンズです。
  • 当院院長は愛媛大学で角膜専門医として診療経験を有していますが、同大学の屈折矯正センターでこの レンズの開発段階における治験を行っていました。
  • 治療導入前には詳しい説明と適応検査、装用テストなどを十分行い、安全に治療にとりくんでいただけるようにしています。
  • また、 オルソケラトロジー 治療は自由診療になります。治療代や手続きについても不明な点がないよう十分な説明を行います。
  • ご希望や適応が十分ある方のみ無理なくはじめていただきますのでご安心ください。
名古屋市 千種区 東山通 1-10-1 本山 メディカルステーション3階 山本眼科
山本眼科:名古屋市千種区本山で白内障手術実施