診療情報掲示(医療情報所得加算・明細発行体制加算・一般名処方加算・施設基準届出等について)

  • 当院は以下の診療を行う医療機関として施設基準の届け出をしており、院内とこのWEB上に掲示しております。
  • ご不明ご質問があれば職員におたずねください。
  • 〇医療情報取得加算:マイナンバーカードによるオンライン資格確認等システムを導入して患者様の医療情報(他院の治療状況や内服薬他)の把握に努めています。
  • 〇明細発行体制加算:診療報酬の区分・項目名称・点数金額を記載した明細書を患者さんに無料で交付します。
  • 〇一般名処方加算:医薬品供給状況等を踏まえ、後発医薬品の使用に取り組んでおります。薬剤の一般的名称を記載する処方箋を交付する場合があります。
  • 〇コンタクト検査料1:コンタクトレンズの装用を目的に診療を行った場合に算定します。
  • 〇ロービジョン検査判断料;ロービジョン指導管理を目的とした診療を行った場合に算定します。
  • ★医療情報取得について
  • 当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。疑問などがあれば担当窓口にお問い合わせください。
  • 当院での患者さんの個人情報の利用目的は
  • ①院内での利用
1.患者さんに提供する医療サービス 2.医療保険事務 3.入退院等の病棟管理 4.会計・経理 5.医療事故等の報告 6.当該患者さんへの医療サービスの向上 7.院内医療実習への協力 8.医療の質の向上を目的とした院内症例研究 9.その他、患者さんに係る管理運営業
  • ②院外への情報提供としての利用
1.他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者 等との連携 2.他の医療機関等からの照会への回答 3.患者さんの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合 4.検体検査業務等の業務委託 5.ご家族等への病状説明 6.保険事務の委託 7.審査支払機関へのレセプトの提供 8.審査支払機関または保険者への照会 9.審査支払期間または保険者からの紹介への回答 10.事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知 11.医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体保険会社等への相談又は届出等 12.その他、患者さんへの医療保険事務に関する利用
  • ③その他の利用
1.医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料 2.外部監査機関への情報提供
  • *上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、担当窓口までお申し出ください。
  • * お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • *これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。
  • ★個人情報保護について
  • 当院では信頼の医療に向けて、患者さんによい医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。「患者さんの個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。そのために当院では、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めております。
  • 1.個人情報の収集について
  • 当院が患者さんの個人情報を収集する場合、診療・看護および患者さんの医療にかかわる範囲で行います。
  • その他の目的に個人情報を利用する場合は利用目的をあらかじめお知らせし、了解を得た上で実施いたします。ウエブサイトで個人情報を必要とする場合も同様にします。
  • 2.個人情報の利用および提供について
  • 当院は患者さんの個人情報の利用については以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。
*患者さんの了解を得た場合 *個人を識別あるいは特定できない状態に加工1して利用する場合 *法令等により提供を要求された場合
  • 当院は法令の定める場合等をのぞき、患者さんの許可なくその情報を第3者に提供いたしません。
  • 3.個人情報の適正管理について
  • 当院は患者さんの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さんの個人情報の漏洩、紛失、破壊、改ざん又は患者さんの個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。
  • 4.個人情報の確認修正等について
  • 当院は患者さんの個人情報について患者さんが開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し当院の「患者情報の提供等に関する指針」に従って対応いたします。また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合も調査に適切に対応します。
  • 5.問い合わせの窓口
  • 当院の個人情報保護方針に関してのご質問や患者さんの個人情報のお問い合わせは下記の窓口でお受けいたします。
  • 窓口「個人情報保護相談窓口」
  • 6.法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善
  • 当院は、個人情報の保護に関する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報保護の仕組みの継続的な改善を図ります。
  • ※1単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、あらゆる方法をもってしても情報主体を特定できない状態にされていること。
  • ※2第3者とは、情報主体および受領者(事業者)以外をいい、本来の利用目的に該当しない、または情報主体によりその個人情報の利用の同意を得られていない団体または個人をさす。
  • この方針は、患者さんのみならず、当院職員および当院と関係のあるすべての個人情報についても上記と同様に取扱います。                          平成28年3月14日 院長 山本康明
  • ★明細発行体制加算
  • 個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書』の発行について
  • 当院では、医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から平成28年4月より領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行することといたしました。
  • 明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されているものですので、その点ご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合のその代理の方への発行も含めて、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨お申し出ください。
  • ★一般名処方加算
  • 一般的な名称により処方箋を発行することについて
  • 当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。
  • 現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。
  • 当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方(一般的な名称により処方箋を発行すること※)を行う場合があります。一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が提供しやすくなります。
  • 一般名処方について、ご不明な点などがありましたら当院職員までご相談ください。
  • ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  • ※一般名処方とは
  • お薬の「商品名」ではなく、「有効成分」を処方せんに記載することです。そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複数のお薬が選択でき、患者様に必要なお薬が提供しやすくなります。
  • 令和6年2月1日      山本眼科
 
  • ★コンタクト検査料1
  • 当院は「コンタクトレンズ検査料 1 」の施設基準に適合している旨、東海北陸厚生局長に届出を行っています。
  • *コンタクトレンズの装用を目的とした診療に関する点数は以下の通りです。
  • コンタクトレンズ検査料 1   200点
  • 診療医師名 山本康明
  • 眼科診療経験:厚生労働省の施設基準に定める経験を有しています。
  • ★ロービジョン検査判断料
  • ロービジョン指導管理を目的とした診療を行った場合に算定します。
  • 当院は「ロービジョン検査判断料」の施設基準に適合している旨、東海北陸厚生局長に届出を行っています。
  • *ロービジョン指導管理を目的とした診療に関する点数は以下の通りです。
  • ロービジョン検査判断料 250点
  • 診療医師名 山本康明
  • 厚生労働省主催視覚障害者用補装具判定医師研修会を修了し、眼科診療経験:厚生労働省の施設基準に定める経験を有しています。