Main-Contactlens
コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは、眼科医による目の検査や定期検診が必要です。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。 当院ではまず目の状態を診察して、コンタクトレンズの使用が可能かどうか、目に合った適切なレンズを使用ができているか検診をおこなっています。 コンタクトレンズには様々なメーカーや素材や種類があり、角膜の形状によってひとりひとり適切なフィッティングとなるレンズのカーブ(形状)や大きさが異なります。購入したいメーカーや種類のテストレンズはそれぞれ購入する販売店にて交付してもらい、当院にて装用状態を診察し、正しい装用ができているか、目に合っているかを診察させていただく必要があります。 当院はコンタクトレンズの交付(いわゆる院内での販売)はおこなっておりません。 (隣接のMOT Eyeコンタクトで購入をご希望の方は当院の検査にもとづいた適切なコンタクトレンズの種類、形状と度数を指示してテストレンズを交付してもらい、装用テストをします。) はじめてコンタクトを使用する方には装用やケアについて知識を持っていただいた上で装用練習を行う必要があります。装用テストや練習には十分な時間が必要なため、診療終了時間のすくなくとも30分前にはおこしください。 目の状態によっては当日すぐにコンタクトレンズを使用することはできない場合があります。 コンタクトレンズは購入後一定期間ごとに定期検査を受けなければなりません。調子が良くても必ず検診を受けてください。自覚症状がなくても、角膜に傷ができていたり、コンタクトレンズの傷や汚れが発見されることもあります。少しでもいつもとちがってごろごろしたり、痛みや充血があったら、無理せずにレンズをすぐにはずして受診してください。コンタクトレンズによる目の障害、感染は、重症になると角膜に混濁が残り、視力回復が困難な場合もあります。トラブルが治るまでコンタクトレンズは装用できないことがありますので、生活に困らないように眼鏡も必ず作って持っておく必要があります。