お知らせ 一覧

眼のかゆみやまぶたの腫れ、花粉症・アレルギー性結膜炎について

最近は急に瞼が腫れたという方が増えているように感じます。アレルギー性結膜炎ですが、強くこすることで腫れていることや、何らかの雑菌による感染によるものが考えられます。 本山は東山公園や平和公園も近く、さまざまな花粉症をおこす可能性がありますし、黄砂もとんでいるようです。 イネ科の植物もそろそろシーズンとなります。 6月から夏ま

本山駅 エレベーター出入口から階段を使わずにご来院できます。

地下鉄 本山駅の階段が難しい方は南改札口(名城線側になります)から 本山駅 のエレベーター出入り口をご利用ください。 地上に出て 広小路道路側 に 山本眼科 の看板が正面についた 本山メディカルステーションが見えます。1階に B&D ドラッグストアがあります。 本山 交差点を横断歩道で渡っていただき当ビルへお越しください。

緑内障 加齢黄斑変性症の光干渉断層画像診断(OCT)による早期診断について

山本眼科では 緑内障 の早期診断に役立つ光干渉断層画像診断(OCT)をおこなっています。 人間ドックなどで視神経乳頭陥凹などで精密検査を勧められた場合、この検査が有用です。 光干渉断層画像診断 (OCT)は非侵襲性で眼に苦痛や悪影響がなく、リアルタイムで視神経や網膜の断層画像を観察して短時間での診断が可能な装置です。視野が欠けてしまう前に

まつげ( 睫毛乱生 、 内反症 )による角膜の傷 

上の写真はまつげが角膜に触れていることで角膜に細かい擦り傷ができています。 ゴロゴロしたり、充血や痛みの原因となります。 まつげが内側に倒れてしまう状態には  睫毛乱生 と 内反症 があります。 睫毛乱生 は目に入るまつげを抜くのが簡便な治療です。毛根を焼く場合もありますが焼くことでまぶたが傷んでよくない場合があるのと、焼い

網膜硝子体の眼底検査の時には地下鉄のご利用が便利です。

山本眼科では、糖尿病網膜症や飛蚊症など、詳しい眼底検査のため、瞳孔が広がるようになる目薬(散瞳薬)を使うことがあります。 眩しくてみえにくくなり、もとに戻るまでに3~5時間ほどかかるため、帰りの運転は控えていただく必要があります。 散瞳検査を行うときは必ずお尋ねして検査が可能か確認しますが、ご自身で運転して来院されている方は後日再来しなお
2 / 3123