📘 緑内障 加齢黄斑変性症の光干渉断層画像診断(OCT)による早期診断について

  • 山本眼科では 緑内障 の早期診断に役立つ光干渉断層画像診断(OCT)をおこなっています。
  • 光干渉断層画像診断 (OCT)非侵襲性で眼に苦痛や悪影響がなく、リアルタイムで視神経や網膜の断層画像を観察して短時間での診断が可能な装置です。視野が欠けてしまう前に視神経の障害(30%未満)をとらえることができるようになりました。
  • NAVIS_PIC-00000724_000NAVIS_PIC-00000724_001
  • 従来の 視野検査 は実際に視野欠損が生じた時点、すなわち30%程度の視神経が損傷してやっと緑内障が検出できるものでした。患者様が見えているかどうかをボタンを押すことで測定する検査(自覚検査)でしたので、疲れてしまっていたり、途中で眠くなってしまったりすると正確には評価できないこともありました。
  • NAVIS_PIC-00000724_005
  • 光干渉断層画像診断 (OCT)は数秒間だけ眼の写真をとるような簡単な検査です。これによって、従来よりも早くに緑内障を見つけることができます。
  • また、この検査で網膜の中心部分である黄斑部の断層を見ることができます。加齢黄斑変性症や黄斑浮腫という状態がないか、一目でわかります。
  • 加齢黄斑変性症は年齢、紫外線などによる網膜色素上皮細胞の障害や脈絡膜という網膜の後ろにある血管が網目のようになった組織の血管腫などができる病気です。
  • 一度の検査で緑内障も加齢黄斑変性もチェックが可能です。
  • 緑内障や加齢黄斑変性症 についてご心配な方や、人間ドックで 視神経乳頭陥凹 などを指摘された方はぜひお問い合わせください。
名古屋市千種区東山通1-10-1 本山 メディカルステーション3階 山本眼科 yamamoto ganka
トップページ