Main-Symptom
目の病気について

白内障

白内障は、水晶体という目の中のレンズが白く濁る病気です

白内障とは、水晶体が白く濁る病気です。目がかすむ、視力が低下するなどの症状がみられます。水晶体のたんぱく質が変性する状態で、加齢によってすべての人におこりますが、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷、緑内障や網膜剥離の手術などによって若い方にも起こります。

白内障は、年齢とともにだんだん進行します

白内障は加齢とともにだんだん進み、点眼薬で進行をおくらせますが、日常生活に支障をきたすようになれば、手術をおこない視力を回復させます。通常急に見えにくくなることはなく緊急性はありませんが、特殊な病態では手術をせずにそのままにしておくと、急性の緑内障やぶどう膜炎などを起こすこともあるので注意が必要です。

白内障手術は、日帰りでおこなえる安全な手術です

白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体である眼内レンズを挿入する手術です。局所麻酔で痛みもなく、短時間で行えるようになり、当院では日帰りで白内障手術をおこないます。