お知らせ 一覧

📘 緑内障 光干渉断層画像診断(OCT)による早期診断について

山本眼科では 緑内障 の早期診断に役立つ光干渉断層画像診断(OCT)をおこなっています。 光干渉断層画像診断 (OCT)は非侵襲性で眼に苦痛や悪影響が全くなく、リアルタイムで視神経や網膜の断層画像を観察して短時間での診断が可能な装置です。視野が欠けてしまう前に視神経の障害(30%未満)をとらえることができるようになりました。 従来

📘 角膜内皮細胞とコンタクトレンズ

黒目のことを 角膜 といいますが、角膜 は透明なドーム状の膜で、レンズの役割もしています。角膜 には血液が流れていません。目の中で作られている水(房水)が角膜の中にしみこむことで栄養をうけとっています。 角膜内皮細胞は 角膜の一番内側(目の中側)にあって、しみこんできた水を元に戻しています。角膜内皮細胞が水の量を調節して一定の角膜の厚みを保っていること

📘 まつげ( 睫毛乱生 、 内反症 )による角膜の傷 

上の写真はまつげが角膜に触れていることで角膜に細かい擦り傷ができています。 ゴロゴロしたり、充血や痛みの原因となります。 まつげが内側に倒れてしまう状態には  睫毛乱生 と 内反症 があります。 睫毛乱生 は目に入るまつげを抜くのが簡便な治療です。毛根を焼く場合もありますが焼くことでまぶたが傷んでよくない場合があるのと、焼い
3 / 512345